無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
適切な大規模修繕工事とは?
0

    ふどうわん の(株)エージェントです。


    建物は、建ち上がった瞬間から老朽化へと進みます。アパートであれば新築後
    約10年経過すると、外壁・屋根の汚れが目立ち、設備も色々と故障が目立ち始める時期です。
     
    しかし、多くのアパート・マンションオーナーは、新築当初から修繕費瓩箸いιず将来お金がかかることを先送りにして、アパ・マン経営しているのが実情です。
    また、専門的な建物診断をせずに
    見た目が汚いから・・・・
    不動産会社が提案してくるから・・・・
    ということだけで、工事を依頼してみたりして、過剰なお金・過剰な工事をしていたりします。
     
    その理由は、オーナー様自らが、ご自身の建物に対しての長期的な修繕計画を立てられていないことが原因の一つです。
     
    計画的な修繕計画を立てることにより、
    → 長期的な視点で修繕計画が維持することが出来る
    → 節税を計りながら、修繕費を積み立てることが出来る
    → 美観を維持することが出来、且つ満室稼動を長期実現できる
    → 建物の資産価値を高めることが出来る


    判断に迷うことなく、長期的な視野でアパ・マン経営が出来ます。


    では、最初の一歩は?



    ふどうわんの建築コンサルティング



     

    | fudo1 | 建築 | comments(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: